ロゴ
HOME>特集>お遍路初心者でも安心【ツアーで先達ドライバーに案内してもらおう】

お遍路初心者でも安心【ツアーで先達ドライバーに案内してもらおう】

お遍路さん

お遍路とは?

四国各所に点在する弘法大師・空海ゆかりの八十八ヶ所の札所(寺社)を巡るのがお遍路です。四国八十八ヶ所のすべての霊場を巡ると総距離は約1400キロにも及ぶ、世界でも最長の壮大な巡礼の旅となります。巡礼する参拝者を地元の方達はお遍路さんと尊称し、古くから独特の風習である「お接待」と呼ばれるおもてなしで歓待してくれます。お遍路に出る最適なシーズンは気候が安定した春と秋です。1番札所から時計回りに巡るのが「順打ち」、八十八番札所から反時計回りに巡るのが「逆打ち」と呼ばれています。普通は「順打ち」で巡りますが、ベテランのお遍路さんなどはご利益が大きいとされるうるう年などには「逆打ち」をする方も多いものです。海や山川など四国の豊かな自然に触れながら行く道中は楽しいものですが、平坦な道ばかりでなく、時には遍路ころがしと呼ばれる難所や山道を行かなくてはなりません。また、自然が相手ですから雨や寒い日などもあります。それでもそれらを乗り越えてすべて踏破した時の達成感と満足感は普通の生活では絶対に味わえないものです。そのため、リピーターも多く、ベテランの中には100回を数える方も少なくありません。

お遍路

お遍路ツアーなら初心者でも参加しやすい

お遍路というと宗教的儀式の色合いが強く感じられますが、札所での参拝方法や一般的な社会的ルールやマナーなど守れば堅苦しい決まりなどは特にないものです。移動手段も歩きの他、バスやタクシー、自転車などどれを選んでもかまいません。そのため、初心者の方や外国人の方でも誰でも参加しやすいのが特徴です。とはいえ、いくつかの基本的な決まり事はあります。例えば服装ですが、菅笠、白装束、金剛杖は昔からの定番アイテムとなっています。これを身に付ける事でお遍路さんと認識されるため、お接待などが受けやすくなるメリットがあります。参拝の仕方も納札を納めたり、読経したりするなど独特の決まり事があります。四国遍路はしたいけどこうした決まり事が分からないから心配という方におススメなのがお遍路ツアーです。古くからバスツアーなどが人気ですが、高齢化の最近では札所の門前まで行けるタクシーツアーは歩く距離も少なく、高齢者や足の不自由な方でも安心してお参りする事ができます。こうしたツアーにはお遍路を熟知した「先達」と呼ばれる方が同伴(タクシーならドライバー)しているので、参拝方法や歴史などについて疎くても安心して参加が可能です。